クラビットの成分とクラミジアとの関係

クラビットは錠剤で100mg~500mgで細粒10%といった種類があります。
そしてレボフロキサシン水和物を成分にしている内服薬タイプの医薬品です。

ニューキノロン系の抗菌剤として細菌感染に優れた効果がある性感染症の中でも最も感染率の高いクラミジアにも用いられます。
ただしクラビットの飲み方を誤ると高い抵抗力を持つ「耐性菌」が生じる可能性があり下手すると薬が効かないといったトラブルが起こることもあるので使用する場合医師や薬剤師の指導を受けるなどの正しい飲み方の注意が必要になります。

成分のレボフロキサシンは細菌によるDNAの複製を防ぐ特徴です。
その関係で殺菌的に作用します。
また旧来の抗菌薬に比べ抗菌力が強いのが特徴で様々な細菌に有効です。
病巣への移行がよい為飲み薬にしては治療の難しかった難治性の感染症にもよい効果を示します。
クラミジアの細菌は直径0.3ミクロンの小さなものですがちゃんとした治療方法で行えばきちんと治すことができます。

基本的に病院で診てもらい処方された薬を正しく飲むのであればクラミジアの感染を殺菌して治すことは十分できる病気です。
基本的にクラビットや抗生物質は薬局や市販では購入できないのですが通販サイト経由で個人でクラビットを購入することもできます。
通販サイトの利用は、クラミジアを人に知られたくない場合の手段として有効ですが利用する際は安心できるサイトかも重要です。

またこのケースになると自己治療になるので完治したかどうかは自己判断になってしまうので病院で治療を受けるより難易度が上がります。
例えば自己判断で治療をやめたりするとたとえ治ったように見えてもクラミジアは実は体内に残っていると言う事がよくある点となります。
体内に残っている可能性が非常に高い為もし残っていた場合感染させてしまうというデメリットがあります。
その為医師の指導と治療においてしっかりクラミジアを消すことは感染を防ぐためにも重要です。

クラビットを飲んではいけない人

クラビットを飲んではいけない人は原則として妊婦の人または妊娠している可能性のある方は使用できませんし15歳未満の子供や低出生体重児についても使用できません。
例外として炭疽などの重篤な疾患に限り最小限度の範囲で使用することもありますが何らかの影響も考慮した上の場合になります。
不整脈など心臓病関連の恐れがある人も医師の指導がないと問題が起きる場合があります。
また子供が乳飲み子のケースであるならば薬が効いているとされる間は授乳は避けないといけません。

クラビットの併用を禁忌しているしている薬があります。
具体的にはアラベル内用剤は併用を禁忌しています。
これの薬は病気関係ではなく体内診断薬で悪性神経膠腫の手術時に使用されているのでもしこの治療を行う場合は前もってクラビットを使用していることを医師に伝える必要が非常に大事なことです。

また禁忌ではなくても併用に注意が必要な薬は280以上もあるので何か持病がある場合はその病気の治療として使用している薬がそれらとかぶる恐れがあるのでやはり医師との相談は必要です。
分類としては神経系及び感覚器官用医薬品に136種類個々の器官系用医薬品や代謝性医薬品の種類に119ほどあり併用注意の薬品には29種類ほど含まれています。

これらは飲み合わせが悪い部類なので例えば使うことによって痙攣が起きたり薬の効き目が落ちたり不整脈の発現の恐れがあったりします。
またサプリメントでも飲み合わせが悪いものがありミネラルと銘打ったサプリメントを飲んでいる場合は二時間ほど間をおいて飲んだ方が良いとされます。

薬の併用には専門的な判断が必要であり、自己判断することは危険なので医師や薬剤師などその道のプロに相談する事が必須と言って良いとされます。

おすすめ記事