クラミジアに関係する治療薬は通販で購入できる

性病の一つでもあるクラミジア、このクラミジアを治すためには抗生物質を決められた分だけ服用する必要があります。
とはいえ、日本の場合、抗生物質を薬局など一般の販売店で購入することはできません。
医師の診察を受けたあと、処方される処方箋によってはじめて購入することができます。

クラミジアに感染すると患部のかゆみやおりものの変化など、いろいろな症状があらわれるとされていますが、実際にはこうした症状が一切あらわれないという人もいます。
知らず知らずのうちにクラミジアに感染していて、病院で確認をしてみて初めてその症状に気が付いたという人もいるほどです。

とはいえ、性病に感染していると分かれば早めに対処するに越したことはありません。
知らず知らずのうちでも、自分がかかってしまったクラミジアをパートナーなどにうつしてしまう可能性もあります。

クラミジアは粘膜同士が直接接触することで感染します。
つまり、直接的な性的関係がない限りはそれ以上感染を広げることもありません。
まずはその関係性を確認した後、自分は性病に感染していないかどうかを確認していくことから始めていきましょう。

感染が確認できた時、本来であれば医療機関で治療薬が処方されることになります。
ただ、特別なケースとして自分で海外の薬を購入する方法もあります。
日本では売られていない薬でも、海外であれば自由に購入することが出来ます。
しかもそれが個人使用目的であれば、通販でも気軽に購入することが出来ます。

通販という形をとっていますが、これは所謂薬の個人輸入です。
海外の薬を個人輸入で購入する、その代行を通販会社が務めているというわけです。
日本国内で実際に使用されている薬も、こうした個人輸入という形で購入することが出来るため、忙しくてなかなか医療機関を受診出来ないという人にもおすすめです。

さらに、通販サイトによってはこうしたクラミジアの治療薬をより安く売り出しているところもあります。
価格面でもメリットが大きいため、その需要はどんどん高まってきているようです。

個人輸入代行は法律違反ではありません

先にも説明したように、クラミジアなどの治療薬をネット通販で購入すると、個人輸入の代行という形で海外から商品が発送されることになります。
中にはこうした個人輸入代行の形に不安を感じる人もいるでしょうが、この業務自体に違法性はまったくありません。

日本でまだ認可されていない薬などを購入する際には、こうした輸入代行の業者を活用することになります。
日本で何かしらの治療を必要としている人にとっては、むしろなくてはならない存在となっています。

例えば、こうした通販サイトで購入した薬を使用目的以外で転売するといった行為は法律違反となります。
ですが、あくまで自分で使用するために購入するという場合には、法律違反ではないため、そこまで心配する必要はありません。

個人輸入代行業者を利用して薬を購入する場合、まずはその代行業者の良し悪しを見極める必要があります。
違法性はないにしても、こうした業者の中には時に価格を極端に安くして悪質な営業をしているところもあります。
薬を服用しているのに十分な効果を得られない、あるいは副作用が顕著にあらわれて具合が悪くなる、といったケースには注意が必要です。

もしかすると、購入した薬と偽って違う薬が送られているかもしれないわけです。
もちろん、輸入代行業者すべてがそうというわけではありませんが、極端に料金の安い通販サイトは避けるに越したことはありません。

クラミジアの治療薬を購入する前でもそれは同様で、あらかじめ治療薬の相場価格を調べておくこと、その価格とバランスのとれた通販サイトを選ぶようにすることが大切です。
賢く安全に性病の治療をするためにも、これらのポイントだけは押さえておくといいでしょう。
最後に筆者も実際に利用したサイトをご紹介しますので、値段などを確認し、必要であればぜひ購入してみてください。

↓筆者も実際に利用したサイトはこちら
アジーをこちらの通販サイトで買いました

おすすめ記事