咽頭クラミジアと咽頭淋菌はとても恐ろしい

性病の中でも比較的名前の知られているものの中にクラミジアと淋病があります。
この二つ、一見すると共通点はないように思われますが、実は咽頭部に感染することで同じような症状が引き起こされることがあります。

咽頭クラミジアと咽頭淋病、この両者はセックスだけでなく感染者とのキスやオーラルセックスでも感染がおこります。
もちろん、すべてのケースで感染が確認できるというわけではありませんが、高い感染率のあるクラミジアや淋菌の場合では日ごろから注意しておくに越したことはありません。

クラミジアと淋病は、軽度の風邪のような症状が引き起こされます。
咽頭部の痛みや違和感はもちろんですが、人によっては発熱があることもあります。
ただ、中には体質によってこうした症状がいっさいあらわれないこともあるため注意が必要です。

こうした場合、症状があらわれにくいがゆえに発見が遅れ、知らず知らずのうちに周りの人間に感染を広げてしまう危険があります。
先にも挙げたように、クラミジアや淋菌はセックスがなくてもキスなどの粘膜接触で感染してしまいます。
パートナーはもちろんですが、気が付かないうちに家族に感染してしまう可能性もないわけではありません。

大切なのはできるだけ初期の段階で感染に気が付くようにすること、そしてできるだけ早く完治するということです。
こうした咽頭クラミジアと咽頭淋病は医療機関を受診することで検査を受けることが出来ます。
その際、性病科など専門性の高いところを受診するようにするとよりスムーズに検査を進めることが出来ます。

咽頭クラミジアと咽頭淋病の場合、医療機関によっては性病だと気が付かれず、風邪だと誤診されてしまう可能性もあります。
こういった誤解によって感染を広げないためにも、確実に性病の有無を核にすることが出来る工夫が必要になってきます。
薬を飲んでも症状が改善されないという場合には、一般的な内科の他、性病科などを積極的に受診するのがおすすめです。

感染はうがいでも検査できる

咽頭クラミジアと咽頭淋病に感染しているのかどうかは自宅でも簡単に検査することが出来ます。
というのも、最近では性病かどうかを素人でも確認ができるように検査キットが売り出されています。

咽頭クラミジアと咽頭淋病の場合、専用の液体、容器でうがいをすることで咽頭部に付着している細菌や淋菌を取り出すことが出来ます。
この液体をそのまま検査機関に郵送することで、性病に感染しているのかどうかを確認していくわけです。

わざわざ医療機関を受診する必要がない、しかも周りに性病に感染しているとバレることなく検査ができるため、検査キットの需要はますます高まっています。
検査キットによっては名前を知られることなく匿名で検査結果を受け取ることも可能です。
この場合、メールで結果を受け取るわけですが、もしも検査に関して不安を感じる人は参考にしてみるといいでしょう。

咽頭クラミジアと咽頭淋病の検査には綿棒のような道具が用いられることもあります。
咽頭部の粘膜から細胞を取り出すことで検査ができるこの方法、うがいに比べると抵抗を感じる人も多くなります。
その点、うがいの場合には誰でも簡単にチャレンジすることができますし、咽頭部の広範囲から細菌や淋菌を取り出すことが出来ます。
つまり、その分検出率も高くなるというわけです。
より簡単な方法で、正確な検査ができるわけですから活用するに越したことはありません。

咽頭クラミジアと咽頭淋病はパートナーと一緒に検査を受けるのがおすすめです。
どちらか一方が検査をして対処をしたとしても、パートナー側から再感染をしてしまえば意味がありません。
二人で一緒に対処することによって、より短期間で感染の元を断つことができるわけです。

おすすめ記事