咽頭クラミジアにならないためにできること

咽頭からの感染例が増えています。
咽頭クラミジアの予防方法はいくつかありますが、やはり基本はコンドームを使用することです。
不特定の方とのセックスをしないことも必要だと言えます。

そもそもオーラルセックスを避けなければいけません。
オーラルセックスならへいきなのではと勘違いしている人が多くいますが、そんなことはなくこれもコンドームを使用せずにしてしまうことで感染する恐れがあります。
もし前戯としてする場合はオーラルセックスをする前にしっかりと体を洗っておきましょう。
咽頭クラミジアは清潔に口の中を清潔にすることでもオーラルセックスによる感染を予防することができます。

また、咽頭というのは皮膚がないため、傷がつきやすく出血の可能性が高いです。
その傷口から菌が侵入してしまえばそこから感染し広がる可能性は大いにあり得ます。
口と口同士のキス以外の行為は慎重に行いましょう。

それではオーラルセックスを楽しみたいという方はどのように行えばよいかということなのですが、先ほども既述したように体を清潔に保ったうえで、コンドームをつけて行う方法があります。
しかしコンドームはゴムの味が独特で嫌がる方が多いのではないでしょうか。
そこでお勧めなのが、味のするコンドームです。
今はイチゴ味やチョコ味のものまであるので楽しめるでしょう。

またパートナーが感染した場合はお互いに検査することをお勧めいたします。
症状がないと感じていても一度は医者に診てもらいましょう。
長く放置してしまうと悪化する恐れがありますのでなんでも早めの予防を心掛けたいところです。
今では検査を気軽に行うことのできる検査キットも売り出しているためチェックしてみてください。
こちらはネットで5000円から10000円で購入することができます。

以上のように発症する場面はわかっているため、それをなるべく避けること。
そして体や口内を制稀有に保つことが必要だと言えます。

クラミジア感染中はオーラルセックスにも注意

クラミジア感染中でも、オーラルセックスなら大丈夫であろうと思っている人は感染者の中にも多数いらっしゃいます。
さらに、前戯のためにオーラルセックスをする人は話を聞く限り多いと思います。
しかしやり方を間違えてしまうと咽頭クラミジアに感染しかねません。
キスするくらいならと口をつけるだけでも清潔にすることが大切です。

体をしっかりと洗うことがまず必要です。
ボディーソープなどでしっかりと体を清潔に保つことも有効です。
また口の中を清潔にするためにうがいなどで清潔な状態に保つことが予防につながります。
うがい薬を使用すればいいのではと思いますが、あまりにも強い殺菌作用があるものを使用すると、口の中の粘膜を傷つけてしまう可能性があり、その傷口から感染してしまう可能性がありますので注意が必要です。
菌が入り込んでしまうという点では風邪と似ているものがあり、同じように予防すると効果があります。

コンドームによる予防を提案していますが、お互いの了承を得ることが必要です。
パートナーの意見を聞いたうえで、オーラルセックスを行いましょう。
不特定多数のひととセックスをしているときに出会う人は性病に感染している割合が高いというデータもあるので信頼できるパートナーを選ぶことも必要なのではないでしょうか。
咽頭クラミジアに感染する確率を減らすためにも、注意して相手を見極めましょう。
性病は性病を持っていない人から感染することはないので相手を見極める能力も予防の一つです。

以上のようにオーラルセックスなら大丈夫であろうという考えは浅はかであり、感染する可能性は十分にあり得ます。
楽しむ際は細心の注意を払い、清潔に保ったうえ行いましょう。

おすすめ記事