性器クラミジアの女性に出る症状

性器クラミジアで悩む女性
性に関する悩みは、他人に相談しにくい事が多く、特に性病に関しては医師に相談する事もためらってしまう事も少なくありません。
性病には様々な種類がありますが、日本人の感染数が最も多い性病がクラミジアです。
クラミジアは他の性病に比べて自覚症状が少なく、男性の5割、女性の8割に自覚症状が出ません。
自覚症状がないだけで実際には感染していますので、性行為をする事により感染や影響を広げてしまう事が多くあります。

クラミジアをそのままにしておくと不妊症になる事もあります。
不妊症というと女性に限った事と思うかもしれませんが、男性不妊の原因にもなります。
また他の性感染症の感染率を3倍から5倍に上げてしまうので、早期の発見と早期の対処が必要です。

女性は男性よりも自覚症状が出ない事が多いので、症状をそのままにしておくと不妊症や命の危険に関わる子宮外妊娠を引き起こしてしまう事もあります。
症状がでる場合、いくつかの身体の変化が出ます。
この変化は、生理トラブルに似ている事がありますので、感染しているとは思わない方も多くいます。
変化としては、おりものの増加、黄色い膿のようなおりものが出る、軽い生理痛、不性器出血、性交痛などです。

性行為によりクラミジアに感染すると女性の場合は子宮の入り口につながる子宮頸管の炎症が起こります。
子宮頸管炎は自覚症状がない場合が多く、おりものが少し増えます。
症状が進行するとクラミジアが子宮内に侵入し更に卵管に感染を広げていきます。
クラミジアの感染が子宮内に広がった場合、子宮付属炎や子宮内膜炎、骨盤腹腔炎など不妊症の原因となる病気が発症します。
さらに肝臓まで炎症が広がり、腹部の激しい痛みを伴う肝周囲炎を引き起こす事も考えられます。

妊婦がクラミジアに感染したまま出産をすると産道を通して新生児がクラミジアに感染する事もあります。
クラミジアに感染した新生児は、新生児結膜炎などを引き起こし、死亡する事もあります。

性器クラミジアの男性に出る症状

妊婦がクラミジアに感染するという事は母子共に大きな負担や危険があり、妊娠中期の妊婦健診で発見されることがありますが、妊娠初期に感染していると流産の可能性が大きくなりますので、妊娠がわかった時に早期発見をすることが重要になります。

男性がクラミジアに感染するのは性器の尿道です。
女性に比べれば自覚症状を約半数の方が感じますが、女性の様に尿道炎を引き起こす淋菌感染症ほど痛みはありません。
男性が感染をした時に出やすい症状として一番多いのが尿道からです膿です。
膿は白かったり透明であったり、粘り気があったり様々です。

性器に現れる症状としては、排尿時の痛み、性器のかゆみや不快感、軽い発熱、排尿後の膀胱の違和感、精液に血が混じる、睾丸の腫れや痛みなどです。

男性がクラミジアに感染するとまずは尿道の炎症が起こり、副睾丸炎や前立腺炎へと発展します。
副睾丸炎は精子の通路の癒着につながり、男性不妊へと影響します。
その為、早期の対応が必要です。

オーラルセックスにより性器以外の部分にクラミジアが感染する事が増加しています。
性器クラミジアと共に自覚症状があまりないので、感染している事に気づかず、風俗店などで働く女性から男性へと広がる場合もあります。
症状としては、痛みや腫れ、発熱、扁桃腺炎を引き起こします。
また精液が目に入ってしまうと結膜炎などの病気を発症する事もあります。

これまで紹介したとおり、クラミジアは本人だけでなく、周りの方へ多大な影響を与えてしまう病気です。
現在は病院に行かなくてもインターネットでキットを注文し郵送する事で結果を見る事もできます。
いずれにしても早期の対応が必要な病気ですので早めに行動を起こしましょう。

おすすめ記事