HIVなど家でできる性病検査

コンドームを使用しない無防備なセックスや性行為の多様化により、日本では性病が蔓延しつつあります。
特に性に対して甘い認識をしている若者に患者が増えているのですが、中には症状が軽い性病もあるため、つい放置してしまうケースもあります。
ただその結果、不妊の原因や重篤な疾患をもたらす事もあります。

もし体に何かしらの異常があった時にはすぐに泌尿器科なり、産婦人科を受診するのがベストなのですが、忙しくて病院へ行く時間がない、また人に見られるのが恥ずかしいといった理由から受診をためらう人も少なくありません。

そんな時に便利なのが、家でも行える性病検査です。
病院に行くと保険診療になるので、市町村によって受診の履歴が自宅に郵送される可能性もありますが、家で行う性病検査キットなら周囲の人に知られる事もありません。
最初に性病検査キットを申し込む時は、名前の代わりにIDを発行して匿名検査で実施される事がほとんどです。
検査結果も郵送以外に、メールやweb閲覧を選ぶ事も可能なので、最後の最後までプライバシーは守られます。

性病検査キットを使用する際は、自分で検体を採取しなければいけません。
病気の種類によって血液、尿、膣分泌物、うがい液など様々ですが、検体採取は誰でも正確に採取できるよう、キットも使いやすく工夫されています。
また気になるのは検査の精度ですが、病院や保健所で行われる性病検査と同等の精度で結果を受けることが出来るので安心です。

こういった事から、最近はこの性病検査キットを利用する人が増えてきました。
ちなみに検査出来る病気の種類にはHIVやB型肝炎、C型肝炎、梅毒、トリコモナス、カンジダなどがあります。
例えばカンジダは、体の抵抗力が弱まった時にすぐ再発してしまう人も多く、その度に病院を受診するのは億劫に感じるものです。
もしかしたらと疑った時に、すぐに家で検査が出来ると、それだけ早く症状を改善させる事も可能です。

一番コスパのいい性病検査はどれ?

数ある性病検査キットの中でも、一番人気が高いのがエイズ検査です。
エイズはHIV感染によって引き起こされる病気で、増殖したHIVウイルスがリンパ球を破壊し、最終的に体は免疫機能を失い、悪性腫瘍などを引き起こす病気です。
未だに完治させる方法は定まっておらず、HIVに感染したら死をイメージする人も少なくありません。

こういった意味でも、一番コスパのいい性病検査は何かと聞かれた場合、HIVを選ぶ人が多いです。
コスパに優れているというのは検査の値段が高い、安いで判断するのではなく、一番感染しやすい病気、または感染すると最も危険な病気で判断していきます。

感染すると一番怖い病気、それはやはりHIVです。
一度感染すると完治出来ず、放置しておくとエイズを発症します。
エイズを発症すると後遺症が残ったり生存率が落ちるため、なるべく早い段階でHIV感染の有無を確認する必要があるのです。

ただしHIV検査は他の性病検査に比べると少し勇気が必要になります。
もし結果が陽性と判明した場合、今後の人生に大きな変化をもたらしてしまうからです。
陽性が発覚するのが怖いと検査を避ける人もいますが、その結果が陽性であれ、陰性であれ、決して後悔する必要はありません。

もし結果が陰性であれば、これまでずっと抱えていた心配や不安から解放されます。
そしてこの経験を元に、今後は感染のリスクが高くなるような行為を避けるようになります。
一方陽性だった場合は、早い段階で感染がわかれば、エイズ発症を遅らせる事が可能になり、健康な人と同じ生活を送る事も出来えます。
また家族やパートナーなど自分の身近な人への感染も避けられます。
こういった事からコスパが優れており、意味のある検査と言えます。

おすすめ記事